取り組み・OEM

飴づくりへのこだわり

日進製菓株式会社は昭和33年より名古屋市西区で飴の製造販売をしております。

弊社の商品は、黒糖や生姜、抹茶などの素材が飴に包み込まれていて、食べると、飴の甘さの中から、素材のうまみが溢れ出します。

これらの商品を支えているのは、職人のアイデアと丁寧さ。

地釜を直火で炊き上げた飴を、今日もしっかり練り上げております。

PB商品があふれる現在、本物志向で差別化を図れる商品を、お取扱い商品にお加えいただければと思っております。

OEM商品の生産について

日進製菓株式会社では、プライベート商品の開発・受託製造も承っております。

飴製品の製造における高い信頼と実績をもとに、確かな商品をおつくりします。

ご依頼の流れ

お問い合わせ

まずはお問い合わせ
ください
052-531-7345
または
メールフォーム

品質への取り組み

日進製菓株式会社は、令和2年2月にHACCP制度化対応として、食品安全マネジメントシステム(FSM)の国内規格であるJFS-Bを取得しました。

これからも、皆様へ安全で安心な製品をお届けするため、さらなる品質強化に努めてまいります。

JFS規格とは?

JFS-B規格は、一般財団法人食品安全マネジメント協会が作成した食品安全規格です。

安全な食品を製造するための取組を向上させる目的のために使用することができ、食品産業の更なる安全管理レベルの向上と管理コストの最適化および消費者の信頼確保に寄与しています。

食品安全マネジメントシステム(FSM)、ハザード制御(HACCP)、適正製造規範(Good Manufacturing Practice=GMP)の3つの要求事項層で構成されています。

JFSM(https://www.jfsm.or.jp

日進製菓JFS規格

SDGsへの取り組み

日進製菓は持続可能な社会の実現の為に以下の目標を掲げています。

SDGs達成に向けた当社の取り組み

安全安心・健康・美味しさの追求

昔ながらのこだわり製法において“食の安全管理”を徹底し、消費者の信頼にこたえていくとともに、健康志向と美味しさを追求することで、小さなお子様からお年寄りまで、幅広い世代の笑顔を想像してまいります。

(具体的な取り組み)

  • JFS-B適合の製造基準
  • 良質な栄養素を含んだ素材の活用
  • バラエティ豊かな商品開発による美味しさの提供

環境対策の推進

フードロス削減、資源再利用、エネルギー消費削減への取り組みを強化し、環境負荷の低減に努めてまいります。

(具体的な取り組み)

  • 賞味期限管理徹底
  • 廃材分別の徹底による再資源化推進
  • 省エネ設備導入によるエネルギー消費量削減

地域社会への貢献

地元あいちの資源を活用した商品開発と、それら商品を地域に還元することで地域活性化に積極的に貢献してまいります。

(具体的な取り組み)

  • 地元食材の積極活用(西尾産抹茶等)
  • 地元イベントへの商品寄贈

人権・雇用

商品開発、営業、製造現場、全ての社員が活き活きと働くことができる職場環境づくりを推進してまいります。

(具体的な取り組み)

  • 定時退社の推奨
  • OJTによる伝統製法の伝承
SDGsロゴ

SDGsとは?

SDGs(Sustainable Development Goals)=持続可能な開発目標とは、2015年の国連サミットで採択された国際目標で、持続可能でより良い世界を目指すために先進国、途上国にかかわらず、世界全体で取り組んでいこうというものです。

「17のゴールと169のターゲット」で構成され、「経済・社会・環境」の諸課題に対し、包括的に取り組み、2030年までに解決していくことを目指します。

SDGsについて(外務省HP)>>